ホエールウォッチングの船に乗りました

鯨を見るクルージングの船に乗りました。
MENU

ホエールウォッチングの船に乗りました

鯨を見るクルージングの船に乗りました。

 

ニューヨークに住んでいた頃、ロングアイランドの最先端のモントークで朝からクジラを見ることができる船が出ていることを知って、クジラを見たいと思ってその船に乗ることにしました。

 

自然の中のクジラを見ることができるのはその船だけだったので、ぜひ乗ってみたいと思いましたし、夏だったので、船に乗ると気持ちがいいだろうと思いました。

 

それまでクジラを見たことがなかったので、楽しみでしたし、船に乗ることも久しぶりでした。

 

クジラを見る「ホエールウォッチング」の船は朝8時に出航することになっていて、ニューヨークのロングアイランドのモントークというところから出ていて、その船に友達と一緒に乗ることにしました。その船はほぼ毎日のようにクジラの生態を記録するために沖に出ていて、その船に乗ることになったのです。

 

最初はイルカを見ることができました。水族館以外でイルカを見たのは初めてのことでした。そして、小型のクジラが最初に見ることができました。説明は全部英語で、専門用語などがあったので、あまりよくわかりませんでしたが、大型のクジラと出会った時には、8分くらいごとに息をするためにクジラが上がってくるので、その時に見られるということでした。

 

そして、そのクジラは目が下向きに付いているので、好奇心旺盛のクジラは仰向けになって船を見ることがあるということでした。

 

船は止まったまま、クジラを見ることになって、クジラが現れている時には気分の悪さを感じなかったのですが、クジラが海の中に潜っている間は船酔いをして、トイレでもどしてしまいました。

 

とても気分が悪くて、どうしようと思いましたが、またクジラが上がってきたら、気分の悪さは忘れてしまって、クジラを見ることに夢中になりました。船はゆらゆらと揺れていて、そのために船酔いをしたのだと思いますが、一度戻したら、そのあとは割と具合は良かったのです。

 

クジラの目が大きくて近くまで寄ってきて、見ることができました。クジラは船に慣れていて、危害を加えられないことを知っているようで、船のすぐそばまでやってきました。とても大きなクジラを見ることができてすごく興味深かったです。

 

ホエールウォッチングの船が出ているところは珍しいので、ニューヨークで見ることができてよかったと思います。船の上では質問も出来るようになっていて、熱心な人は質問したりしていました。私は自然の大きなクジラを見ることができて良かったです。

このページの先頭へ